ストレス抜け毛

ストレスで抜け毛や白髪になる原因

対人問題と抜け毛の関係性

若いのに白髪に悩んでいる方が多いようです。これは遺伝的な問題もありますが、その多くの原因はストレスにあるとされています。さらに数本の白髪が生えていることに対してストレスを感じることによってさらに白髪が増えてしまう方もいらっしゃいます。それくらい髪の毛は精神的ストレスと密接な関係があると言うことを知っておきましょう。昔と比べると、現代はいろいろなことが便利になり、ストレスが軽減されているように思いますが、他人とつながることも容易になったことがあり、対人問題によって大きなストレスを抱える方が増えています。人間の精神的ストレスのほとんどは対人関係だと言われています。白髪の発生率は、30歳を過ぎたあたりから一気に上昇するとされています。白髪頭はメラノサイトという細胞が、活動を低下させてしまうことにより起こるとされています。このメラノサイトの活動に大きく関与しているのがストレスなのです。そのため、白髪を抜くことによって白髪が増えてしまうといった理論は間違いになります。ストレスによって白髪が増えてしまうことと同時に、円形脱毛症に悩んでいる方も多いとされています。円形脱毛症が自然治癒されるものとされているのですが、根本的なストレスの原因を改善することができないと何度も再発してしまうため長期的な問題になりやすいのです。ストレスが蓄積されるとまず直接的な影響を受けるのが血行不良です。そもそもの原因であるストレスを改善することが難しいのであれば、毎日頭皮の血行促進を行うことが重要になります。抜け毛、薄毛や、白髪、髪の毛の乾燥が気になるのであればまずは頭皮の血行促進を意識してみるのが良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ